January 07, 2014

Dominion

年末からgoko.comDominionをやっている。それはもう狂ったように。カードもpromos以外を一括課金で購入、Adventureでカードの使い方を学習中。

で、今日、今しがたIntrigueのAdventure Act. 3をコンプリート。対コンピュータ戦は面白みにかけるかもしれないけど、カードの使い方が分かっていい。次はSeasideにチャレンジ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2007

続freeciv

"freeciv 落ちる"で検索して、ここにたどり着く人がちらほら。Windows版にはみんな困ってるのね。Windowsを棄ててLinuxにしろって言うのは乱暴にしても、KnopixかなんかをベースにLinux版のfreecivが遊べるブータブルイメージとかあったら需要あるのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2007

freeciv

突然だが諸君、私はfreecivが大好きだ。

と、どこかのテンプレみたいな書き出しだけど、呆れ気味に"そのゲーム好きだね"という嫁さんの人に、"もはや愛しているといってもいいレベル"というなんだか分からない受け答えをするぐらいには好きです、freeciv

この前2.1.0がリリースされたんだけど、Windowsでやってる(なんとなくゲームはWindowsマシンでやる習性がある)とこれが落ちる落ちる。というわけで、こいつSRPMからSPECファイルを抜き出してちょこちょこっといじってVine4.1用のパッケージを作ってみた。

「freeciv.spec」をダウンロード

「freeciv-2.1.0-1vl1.src.rpm」をダウンロード

「freeciv-data-2.1.0-1vl1.i386.rpm」をダウンロード

「freeciv-client-2.1.0-1vl1.i386.rpm」をダウンロード

「freeciv-server-2.1.0-1vl1.i386.rpm」をダウンロード

specファイルはかなり適当に直してあります。SRPMをリビルドするとdata, client, serverの3つのRPMができるので、dataをインストールした後でclient, serverの両方をインストールしてください。メインメニューのゲームの下にFreecivのアイコンができるので、そいつをダブルクリックすればゲームが始まると思います。

ただし、未テスト。御利用は自己責任で。ライセンスは元のパッケージからしてGPLなので、適当にいじって改良してやってください。Vineのapt-lineに追加されたらうれしいんだけど、自分でメンテナンスまではやれない気がするので他力本願モードです。

あと、freecivを御存じでない方はwikipediafreecivの項目から関連リンクに飛ぶといろいろ分かってやりたくなるかも。

ところで野良パッケージに"vl1"ってつけるのまずい?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2006

雨だ

全く最近天気が安定しない。このまま春に向かって行くんだろうか?

昨日長い間買ったまま放っておいたFF IXをはじめた。そう。それぐらい暇だったから。

しかし、序盤の巻き込まれ感がやっぱりなんとなく物足りない。

D&DとかのTRPGをやってたので、キャラクタの生い立ちなんかはプレーヤの想像力のためにとっておいて欲しいような気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 19, 2005

次世代ゲーム機

Microsoft、Sony、任天堂の順で次世代ゲーム機が発表されている。

McrosoftのXbox360はなんかDELLのスモールデスクトップの縦置きみたいな感じ。異常に収まりが悪くて置き場所に困った、任天堂ゲームキューブの後継REVOLUTIONも小さくなって縦置き。Sony PLAYSTATION3ももちろん縦置きを意識したデザインで、なんだか縦置きばやりな感じ。個人的には縦置きって不安定な感じがしてあんまり好きじゃないんだけど。

実はわたしは結構なゲーム好きで、うちにはゲームコンソールがかなり揃っている。ざっと目につくだけでもPS2、ゲームキューブ、ドリームキャスト、サターン、スーパーファミコン、メガドライブ...。あ、X-boxは持っていない。まぁ最近はあまりゲーム自体をやってないけど。

というわけで、発表された次世代ゲーム機もかなり気になる所がある。ただしXbox360は除く。X-box持ってないし、そもそも国内じゃX-box自体が売れてないから、その後継っていってもソフト資産ほとんどなしの新規参入みたいなものだし。大体X-box向けのゲームでちょっと欲しいかもと思ったのは鉄騎ぐらいなものだしな。

多分PLAYSTATION3を初期不良が落ち着いたあたりで買って、任天堂REVOLUTIONは専用ゲームが出揃って値段が下がったあたりで買うかどうか決めるという感じかと思う。

などと考えながらwebで情報をあさっていると、PS3がXBOX360に勝てない理由なんて記事を発見。正直いって最初はタイトルを逆の意味に空目していたぐらい意外な感じ。

PS2でうまいことゲームが回って行かなかったのはSonyライブラリが難解だから、なんてことも噂になったぐらいだから、開発環境云々は確かに重要なファクタだとは思う。でも、今回発表された次世代機たちをゲームコンソールだけの文脈でとらえて、グラフィック性能がどうだとかいって得意になってる時代じゃないと思う。

任天堂REVOLUTIONはまだスペックが出てないので置いておくとして、PLAYSTATION3Xbox360のスペック中、ゲーム以外のメディアサポートの部分を見比べてみると、PLAYSTATION3はなんといってもBlu-RayとSACDという高品質ビデオ、オーディオメディアのサポートが目につくと思う。対するXbox360はWMA CD, MP3 CD, JPEGとかStream media from portable music devices, digital cameras, Windows XP PCsなんて記述が目につく。

つまり、PLAYSTATION3は次世代ゲーム機であると同時に、次世代高品質AV機器であろうとしているのに対して、Xbox360DLNA的な世界のプレーヤであろうとしている、という違いがあるように見える。つまり、ゲーム以外の部分を見たときに、PLAYSTATION3はスタンドアローンで消費者にアピールする"新しい家電"でありえるのに対して、Xbox360はサーバ的な動きをするPCの存在があってはじめて新しい世界を描くことができる、"PC世界の一構成要素"にすぎない。これはSonyとMicrosoftの企業戦略の違いから出てくる差で、Sonyはゲームの影に隠して新規格のAV機器を売りたいし、Microsoftはゲームに隠してPC世界の尖兵を家庭に送り込みたいんだと思う。

そこで自分がものを買う立場に立ち戻ったときに、PCの存在を前提としたDLNA的な世界の一構成要素と、新しい技術を使ってスタンドアローンで動作をするハイクオリティなAV機器とどちらが理解しやすいだろうか?そしてどちらを欲しいと思うだろうか?わたしならAV機器が欲しいと思う。

PLAYSTATION3Xbox360にはゲーム以外のところでこれだけの差がある。当然ゲームコンソールなんだから、ゲームがよければどっちもそこそこ売れるだろうけど、どっちもそんなところを目指している商品じゃないはず。そもそもゲームだけを取っても、スタート時点でPS、PS2の資産とX-boxの資産を比較したら、国内ではPLAYSTATION3に軍配が上がるのは明らかだと思う。PS2発売当初、PS2対応ソフトでもっとも売れたのは映画MATRIXのDVDだと冗談めかして言われていたように、PLAYSTATION3はゲーム以外のコンテンツでも勝負をかけられるかもしれない。Xbox360にはそれがない。

Xbox360PLAYSTATION3よりも一年早く出荷するというアドバンテージがあるといっても、市場に敵が全くいないわけじゃなく、X-boxが勝てなかった、しかも既に膨大な資産を持つPS2と戦わなきゃいけない。うかうかしてるとPLAYSTATION3が発売日の大々的なキャンペーンと共にやって来て、一年も前に出た古い機種であるXbox360をもうもうと巻き上げる土煙の彼方に押しやってしまう。

Xbox360は発売直後に話題となり、その後定期的にゲームが発表されるが、発表される新作ゲーム数はPS2の比ではなく、PS2の持っているパイを横取りするまでにはいたらない。ようやくゲーム製作が円滑に回りはじめるころにPLAYSTATION3が発売され、Xbox360はすみに追いやられる。運がよければもしかしたらX-boxよりは売れるかもしれない。

PS3がXBOX360に勝てない理由に書いてあるシナリオとここに書いたシナリオ。3年後のいまごろにはどっちがより未来を正しく見通していたかが分かるかな。そのときを楽しみにしていよう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)